ヨガを始めるとき、例えば体験レッスンを受けるときなど、どんな着衣が良いのか悩む人も多いでしょう。

基本的には「動きやすい服装」でと指定されていると思いますが、激しいダンスやランニングなどのスポーツをする場合とはヨガは少し異なります。お試しレッスンなどのためにヨガウェアをわざわざ購入する必要はないですが、ポイントは押さえておきましょう。動きやすいという意味を考えると、ヨガの場合はゆっくりとしたストレッチ的な動きが多くなりますので、伸びの良い素材で伸縮性の高い衣類が良いでしょう。

汗もかきますので吸湿性がよくて、水分蒸発も素早いストレッチタイプの素材がヨガウェアにはおすすめです。手足を曲げたり広げたりした時に邪魔になっては困りますので、大きな動作でも問題なく稼働できるようなデザインである必要もあります。金具のある衣類は避けたほうが良いですし、ブラジャーもスポーツタイプやカップ付きタンクトップが良いでしょう。

ビギナーなら、お洒落なスポーツブラとタンクトップの組み合わせとレギンスがあれば、ヨガウェアとして問題ありません。ただしピッチリしたレギンスだと、スタイルに自信が無い、ヒップやお腹回りが気になるという女性も多いでしょう。ボトムは腹部が隠れるようなスカート付きレギンス、ゆったり余裕のサルエルパンツなどがおすすめです。サルエルパンツにはロング丈もありますが、ヨガウェアにするなら七分丈のサルエルパンツのほうがお洒落感があります

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *