サイクリングが趣味という人は増加の一途をたどっています。

一口にサイクリングといっても、本格的にスポーツや競技として楽しむ人から、ポタリングと呼ばれる「自転車で少し遠出をしてみる」という形で楽しむ人まで様々です。特に資格などを持たなくても大人から子供まで扱える自転車は、家族で楽しむためにも優良なアイテムと言えます。しかし、サイクリングを楽しむならば是非ともヘルメットを着用しましょう。

「髪型が乱れるのが嫌」や「わざわざ高いお金を出すものでもない」といった意見も見られますが、自動車や自転車同士、あるいは障害物などに接触して転倒をした場合、最も無防備な頭を守っていないと危険性はぐんと高まります。遠出をすればそれだけリスクが高まりますので、靴をはくのと同じような感覚でヘルメットを着用するようにしていくことが大切です。ただし、自転車用ヘルメットは選ぶのが難しいというのも事実です。

頭の大きさや形にフィットしないと、防具としての役割を果たせない上に、見た目にもマッチしないことが多いためです。まずはヘルメットのベルトをしっかりとしめた状態で被り、動いてもズレないことを確認します。次に、鏡などで自分の頭の形や好みに合うかを確認し、購入するかどうかを検討することになります。なお、表記上は同じ大きさであっても、メーカーやシリーズによって特徴が異なりますので、諦めずに試着をしてみると自分にあったデザインのものと出会える確率が上がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *