サイクリングは、日頃運動不足の人でも気軽に始められる運動として人気があります。

すぐに始められる運動として、他にもジョギングやウォーキングなどがあります。普段あまり運動をしていない人が、急にジョギングを始めると膝や股関節などを痛めてしまうことも珍しくはありません。その点、自転車は運動不足の人でも怪我をするリスクが低く、長く続けることができるのが人気の秘密となっています。サイクリングは、まず通勤通学などの短い距離から始めるとよいでしょう。

通勤通学で毎日のように自転車に乗っていると、次第に心拍機能が鍛えられ、長時間の運動にも堪えられるようになります。体力がついてきたら、都内の有名なサイクリングコースでもうちょっと長い時間自転車に乗ってみるとよいでしょう。都内には、週末になると自転車愛好家が集まるサイクリングコースがいくつもあります。自転車と歩行者専用なので、自動車から逃れて安全に走れるのが魅力です。

長い時間自動車に乗れるようになったら、いよいよ100kmを超えるようなロングライドに挑戦してみるのもよいでしょう。ロングライドは、5時間から8時間も自転車を漕ぐことになるので、1日で1、000kcalから1、500kcalもエネルギーを消費します。ダイエットにはもってこいの運動です。ロングライドを成功させるコツは、頑張り過ぎないことです。息が上がってしまうほどスピードを出してしまっては、終盤にバテてしまいます。楽に会話ができる程度の運動強度が最適で、脂肪の燃焼効率も高くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *