とりとめのない想像上の記事まとめ http://groupeatel.com My WordPress Blog Wed, 19 Oct 2016 07:27:53 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.4.8 女性に多い腱鞘炎とは http://groupeatel.com/?p=26 http://groupeatel.com/?p=26#respond Thu, 29 Sep 2016 16:05:50 +0000 http://groupeatel.com/?p=26 関節などを動かす筋肉の力を伝える紐状のものを、腱(アキレス腱などの腱)といいます。
腱鞘は腱と腱の周りにあり浮き上がりを抑える役目をするもので、腱鞘との間におきる炎症を腱鞘炎といいます。

通常痛みを感じるまでには潜伏期間が長いため症状がすぐにはあらわれず、軽いものから重症なものまであります。

腱鞘炎の初期症状としてうまく手を動かせない、手首がなんとなく腫れている、動かすとだるいなどがありますが、痛みはなく前兆のようなものです。

しかし症状が進行すると手首を動かす時の不快感、瞬間的な痛み、痛みは走るがどこかわからない程度の感覚です。
さらに悪化するといたむ場所の痛点が明確になり、この場所が痛いなど日常生活に支障がでてきます。末期症状では神経痛など血流が悪く麻痺した症状があらわれて、最悪手術を必要とする場合もあります。

俗にバネ指やテニス肘なども腱鞘炎の一種で職業病や家事など使い過ぎといわれてましたが、最近では圧倒的に女性の患者が多く女性ホルモンとのかかわりもあることがわかっています。

できものの治療情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

女性ホルモンのエストロゲンの欠乏は、骨、筋肉、血管などに影響を及ぼします。またエストロゲンは、腱細胞を増やしたりダメージを受けた組織を修復する力の維持に関係しているといわれています。

いずれにしても腱鞘炎は手首の酷使も関係しているので、日常生活では負担をかけないようにすることが一番の予防です。

腱鞘炎になってしまった場合は外用薬や内用薬などがありますが、テーピングも炎症を軽減して効果的です。

]]>
http://groupeatel.com/?feed=rss2&p=26 0
火傷の治療についてのこと http://groupeatel.com/?p=22 http://groupeatel.com/?p=22#respond Fri, 26 Aug 2016 04:59:06 +0000 http://groupeatel.com/?p=22 火傷は、程度にもよりますが、例えば軽く熱湯などを、指先などにかけてしまい、すぐに反射神経により、その熱湯を回避できた場合には、水膨れが小さく出来るケースがあります。

このような場合には、すぐに冷水で、水を流しながらその部分、
火傷をしてしまった部分を治療していく形になります。

軽い火傷などの場合には、このような冷水によって、
すぐに痛みなどは和らいでいきますが、重い火傷、例えば足などや手に、
思いっきり熱湯をこぼしてしまった場合には、皮膚がはがれ、
とても辛い痛みと同時に、吐き気のようなものを感じることさえあります。

そのような際には、
すぐに救急車を呼んで治療を行ってもらうか、
ご家族がおられるなら、すぐに病院に連れて行ってもらうことになります。

もし、お近くに整形外科などの病院など、
本来ならば専門外ですが、このような病院があるのならば、
医師の先生によっては、緊急的な処置はしてくれます。

治療方法は、とにかくまずは冷やすことにあり、必ず、
冷水などで、冷やすことを第一にします。

軽いものであれば、そのうち、数日のうちに治っていきますが、
重いものの場合には、病院に何度も通うことで、
火傷治療をしていくしかありません。

また、皮膚がめくれてしまい、かなりの激痛が伴うため、
痛み止めなどを処方してもらうパターンになります。

あまりにも重い場合には、手術などで、
皮膚の移植などを行うケースなどもあり、火傷の重さによっても、パターンは異なってきます。

]]>
http://groupeatel.com/?feed=rss2&p=22 0
火傷の治療方法について http://groupeatel.com/?p=17 http://groupeatel.com/?p=17#respond Tue, 26 Jul 2016 09:42:48 +0000 http://groupeatel.com/?p=17 火傷の治療は、まずは応急処置として患部を冷やすことです。とにかく急いで水で冷やすのが第一の治療です。

できれば流水が望ましいですが、水道水が最もよいでしょう。

もし水道が手近にない場合は、例えば洗面器等にためた水でも構いません。

とにかく水で冷やします。たとえ痛みがなくなっても、少なくとも数分間は冷やし続けることが望ましいです。

10分か15分程度は冷やし続けても構いません。ただし、あまりに長時間冷やし続けると、患部はともかくとして全身の体温が奪われ、
体全体が震えたり意識レベルが低下したりといった低体温の症状を起こすこともありますから注意は必要です。

なお、より冷たいほうがよいだろうと考えて、氷水につけるとか、氷あるいは凍った保冷剤などを患部に当ててはいけません。

逆に凍傷を起こすおそれがあることに加えて、皮膚表面に物を直接当てることで火傷した皮膚を損傷させるおそれもあるからです。

火傷治療の場合これと同じような意味で、衣服の上から火傷した場合、基本的には衣服を脱がせてはいけません。

治療として衣服は着たまま上から流水で冷やすようにします。
これは、衣服が皮膚に貼り付いていることがあるためで、無理に脱がせることにより患部を傷つけることになるからです。

ただし、重ね着をしている場合、上着の上からでは十分に患部を冷やすことができませんし、
下着と一緒に上着まで皮膚に張り付いているようなことはまずありませんから、そういう場合に上着を脱がせることには問題ありません。

ただしその場合でも、患部を傷つけないように注意します。無理に脱がせるくらいであれば着たままのほうが適当な場合もあります。

]]>
http://groupeatel.com/?feed=rss2&p=17 0
素直な気持ちが強いと火傷の治療が早まる http://groupeatel.com/?p=13 http://groupeatel.com/?p=13#respond Wed, 29 Jun 2016 01:31:09 +0000 http://groupeatel.com/?p=13 痛みを緩和させる手段である火傷の治療は、患者の協力なくして完了することはないです。途中まで進捗状況

が順調に進んでいても、医療機関へ足を運ばなくなれば余計に症状が重くなることさえあります。

経過観察が重要なので、火傷の治療を甘く考えるのはいただけません。
患者に求められる最たることは、医師の教えを忠実に守り自己判断しないように心がける気持ちです。

当該意志が強いほど、自然治癒力を強化させられます。
手当用品を家庭でも使う場合、定期的に取り替えるように徹底すると火傷の治療の効果が高まります。

皮膚が弱っている状態ですから、常に清潔さを保ち細菌の繁殖を可能な限り防ぐことが先決です。

独断で取り替える周期を決めるのではなく、医療機関で教えられた通りに実践する必要があります。

塗り薬なども適宜使用してさえいれば、火傷治療が想定より早く完了する確率が高いです。
患者の気持ちと行動力しだいで火傷の治療に費やす期間が異なることは、当事者からしてみれば重要であると言えます。

医師は患者の自宅に出向いてまで活動できませんから、自律的に行える事柄には積極性を持つべきです。

ときおり医療機関に赴くことなく自然治癒力で事の収束を図ろうとする人はいますが、あまり得策と言えません。

人によって症状が異なりますから、軽度に見えても実際上は診察が必要なほど進行している事例があります。
自己判断は禁物なので、医師に診てもらうと実態がわかります。

]]>
http://groupeatel.com/?feed=rss2&p=13 0
耳の周辺のできもの治療を受けることについて http://groupeatel.com/?p=9 http://groupeatel.com/?p=9#respond Sat, 28 May 2016 09:27:19 +0000 http://groupeatel.com/?p=9 耳の裏側などには、できものができてしまう方が比較的多い傾向にあります。この場所に関しては余計な脂肪などが蓄積さ

れやすい環境を持っていて、いつしか気付かないままで、できものが大きく膨らんでしまった状態になることも決して珍しいことではありません。

耳周辺のできものに関しては、放置していると人によっては自然的に破れてしまい、
脂肪や血液が流れ出てしまうケースも見られます。

しかし、中には大きく膨らんだままで炎症を起こしてしまう方が存在していることも事実になり、
このケースでは、できもの治療を受けることが必要に感じてしまうことがあります。

炎症を起こしている場合では、熱を感じてしまうことになり、頭痛に発展してしまうこともあるので、注意が必要です。

治療に関しては、一般的な皮膚科で行うことができますが、
美容整形外科などでも対応している場合があるので、調査した上で治療を進めることが良い方法です。

実際のできものの治療に関しては、メスを入れて破る方法がメインとして行われている方法になりますが、
耳の裏側にできてしまうものに関しては、袋が存在していることになり、この袋を除去しなければ、再発してしまう可能性が高まります。

必ず医師の判断によって的確に判断してもらうことが良い方法になるので、病院で診察を受けた上で、最適な方法で治療や手術を受けることが何よりです。

炎症を繰り返している方のケースでは、やはり袋ごと除去することがおすすめの手術方法になります。

]]>
http://groupeatel.com/?feed=rss2&p=9 0
手外科はどんな診療科なのか http://groupeatel.com/?p=5 http://groupeatel.com/?p=5#respond Thu, 28 Apr 2016 01:18:11 +0000 http://groupeatel.com/?p=5 手外科とは、ひじから手の指までに関する病気やけがに対して、検査や治療をする診療科のことを言います。手というのは、骨格、筋肉及び神経等、体の中でも特に精緻な構造をした運動器が備えられています。

手は、ものを握ったり投げたりするほか、字を書いたり、絵を描いたり、様々な道具を使いこなすことができる器官です。

この手があるからこそ、人間は文明を築くことができたといえます。

このように精緻な構造と働きをするため、手には、様々な病気が発生することもありますし、けがによってその働きが失われることもあります。

このような手の疾患や怪我を治療するため、手外科という診療科が設けられています。

手外科は、運動器機能外科の一分野として診療を行っていますが、そこに集約されている知識と技術は、運動器機能外科の全分野をカバーできるものとなっています。

何故ならば、手の構造や働きは、人間の運動器の中でも最も精緻なものであり、複雑な運動を行うことができるものだからです。

 

このような期間を取り扱うには、骨格から神経系、そして筋肉に至るまでの知識が必要であり、

逆にこれらの知識が集約されている診療科であるので、切断してしまった指の再接着手術も可能となっています。

更には、末梢神経に関する外科的治療も可能であり、それは単に手にとどまるものでもなくなってきています。

 

このように、手外科とはひじから先の腕と手に関する外科的な診療の専門診療科であると同時に、

人間の運動器に関してももっとも深い知識と経験を有しており、広く運動器機能外科の困難な外科的治療にも対応可能な診療科なのです。

]]>
http://groupeatel.com/?feed=rss2&p=5 0