火傷の治療についてのこと

26644517251_ca3e505a1d_k

火傷は、程度にもよりますが、例えば軽く熱湯などを、指先などにかけてしまい、すぐに反射神経により、その熱湯を回避できた場合には、水膨れが小さく出来るケースがあります。

このような場合には、すぐに冷水で、水を流しながらその部分、
火傷をしてしまった部分を治療していく形になります。

軽い火傷などの場合には、このような冷水によって、
すぐに痛みなどは和らいでいきますが、重い火傷、例えば足などや手に、
思いっきり熱湯をこぼしてしまった場合には、皮膚がはがれ、
とても辛い痛みと同時に、吐き気のようなものを感じることさえあります。

そのような際には、
すぐに救急車を呼んで治療を行ってもらうか、
ご家族がおられるなら、すぐに病院に連れて行ってもらうことになります。

もし、お近くに整形外科などの病院など、
本来ならば専門外ですが、このような病院があるのならば、
医師の先生によっては、緊急的な処置はしてくれます。

治療方法は、とにかくまずは冷やすことにあり、必ず、
冷水などで、冷やすことを第一にします。

軽いものであれば、そのうち、数日のうちに治っていきますが、
重いものの場合には、病院に何度も通うことで、
火傷治療をしていくしかありません。

また、皮膚がめくれてしまい、かなりの激痛が伴うため、
痛み止めなどを処方してもらうパターンになります。

あまりにも重い場合には、手術などで、
皮膚の移植などを行うケースなどもあり、火傷の重さによっても、パターンは異なってきます。